オペレーター

中国語を簡単に翻訳できるコンテンツが登場

中華圏の現地語訳業者利用

オペレーター

依頼法と扱うコンテンツ

グローバル化に伴い中国企業とのビジネスの機会も増え、言語の壁を乗り越えるために翻訳サービスの利用がよく見られるようになってきました。中国語翻訳業者への依頼方法は様々ですが、多くのところでまずメールや電話でコンタクトをとることになります。その後契約がまとまれば、原稿を送りますが、FAXやメールといった通信、郵送などいろいろな手段が用意されています。原稿の多さや急ぎ具合などにより、最適な送付方法を選んで効率的かつ確実に入稿できるようにしましょう。納期は、原稿の量、翻訳の難易度、繁忙期か閑散期かなどによって幅が出てきます。見積もりの際、納期を明確に聞いておきトラブルがないようにしたいものです。翻訳で扱うコンテンツとしては、和文や英文、その他の言語から中国語へ、あるいはその逆といった双方向の翻訳となっている業者が多いです。また、カテゴリーとしては一般的なビジネス上の連絡メールや書類などの翻訳の他、より専門的な資料や契約書などを受け付けているところが少なくありません。中国語に精通しているだけでなく、工業や医学、また、法律や教育など各専門分野の知識を持ったスタッフを抱え、専門性が高く、難易度の高い原稿に対しても品質の高い翻訳を目指している業者もあります。各企業のニーズに応じ、必要なレベルやノウハウ、知識を備え、正確に翻訳してくれる信頼できる業者に出会うことが、後悔しない業者選びのポイントと言えるでしょう。