男性と女性

中国語を簡単に翻訳できるコンテンツが登場

種類や表現を選べる

文字

地域によって表現が変わる中国語は、それぞれの言語に合わせた翻訳をして貰う必要があります。商品やサービスの宣伝文や取扱説明書などは同じ業者に、マーケティングなども合わせて依頼することで、バランス良く的確に翻訳してもらえて、品質を高めることができます。

ビジネスでの中華圏言語訳

複数の人

初めての業者選びのコツ

中国語を母国語とする国々、地域でビジネスを展開する企業は増えています。それにしたがって、中国語と日本語の間の翻訳の需要が高まっています。重要な書類や、日々のコミュニケーションなど、意思疎通が円滑に行われることが、ビジネスを成功に導く大きなカギとなるからです。そんな中、中国語を扱う翻訳業者を利用する企業は少なくありません。こうした業者は数多くあり、いろいろな場面で活用されています。業者を選ぶにあたっては、まずビジネスで実際に使用する中国語の種類を把握し、それを得意としている業者か、チェックする必要があるでしょう。例えば、中国本土で標準語として話されている北京語、中国南部や香港などで使われる広東語、というように、一口に中国語と言ってもエリアによって違いがあります。また、文字にも違いがあり、中国本土では簡体字、香港や台湾などでは繁体字が使われています。こうしたことから、自社がビジネスを行うエリアの言語や文字を、しっかり翻訳できる業者を選定することが大切です。そしてこれらに加えて、品質が高いことも重要になります。一言に翻訳と言っても、一般的なビジネス全般を広く浅く扱っているところから、各専門分野の知識が豊富で、より高度な翻訳が可能なところまで様々です。自社のビジネスで必要とされる翻訳の正確性、専門性などのニーズをよく検討したうえで、必要なレベルのスキルを持つ業者を見つけるようにしましょう。

中華圏の現地語訳業者利用

オペレーター

中国語の翻訳を業者に依頼する方法は、まずは電話やメールで連絡をとりその後メールや郵送などの手段で、原稿を送付します。納期は、原稿量や翻訳作業の難易度などにより違いがあります。扱われるコンテンツは他言語から中国語、またその逆で、一般的なメールなどでのやりとりから、高い専門性を持つ文書まで幅広いです。

観光客を取り込む方法

国旗

海外からの観光客の増加に伴い、特に中国人へのアプローチは非常に重要となっています。そこで中国のお客様を惹きつける方法として、ホームページや自社のメニューを翻訳することで、簡単にそしてすぐにでもできるアプローチ方法と言えるでしょう。